いつも私共のナイフを愛用して頂いている、青森県の木村さんからのメールを紹介しようと思います。木村さんはハンティングから、海釣り、渓流釣り、ルアーなどやられるマルチガイの方です。いつもハンティングやら、釣りの成果を送っていただけるので、木村さんからもお許しを頂き少しづつ紹介していきたいと思います。皆様もご意見がございましたらお知らせ下さい。
 
〜カモ鍋〜


1 カモ肉をスライスする。

2 沸騰しない程度の火加減で、カモのガラでじっくりと旨いスープをとる。
  ダシ昆布を入れると、さらに旨味が増します。沸騰させるとスープが濁る程度で味には大して影響ないですが、アクはこまめにすくっ て、くせのないスープにします。

3 鍋用の鍋を火にかけて温める。

4 鍋が温まったら、火を中火程度に調整してカモの脂をじっくりと溶かしていく。
  カモ肉をスライスしたときの切れ端肉も加える。

5 脂が溶けたら、ささがきにしたゴボウ(1〜2本)を炒める。

6 スープを入れて沸騰してきたら、醤油(わが家では、めんつゆを使用)を入れて好みの味付けをしていきます。
 ※ 裏技ですき焼きのたれをちょっと加えるのもありです。

7 弱火にして5分くらい弱沸騰させて味を落ちつかせます。

8 白滝と白菜の硬い部分(茎側)を先に入れます。

9 ある程度火が通ったら、豆腐と残りの白菜を入れて材料を煮込んでいく。

10 煮込みの目安としては、白菜の茎部分に汁が滲みこんできたら、いよいよ最終段階です。

11 スライスしておいた、カモ肉を投入し、ネギも加えます。入れたら、火を強めにします。弱火でダラダラと火を通すと、肉に中途半端に火が入って味が悪くなる。

12 カモ肉の加減は、肉に火が通って表面に薄っすら血がにじみ出ているくらいの状態が食べごろとなります。もし抵抗があるようでしたら、しっかりと火の通るのを待ってからいただきます。

13 カモ肉も美味ですが、カモのエキスの滲み込んだ白菜がまた美味しいこと。

14 締めの雑炊には、ネギのみじん切りを仕上げに加え、七味をパラッと入れたりなんかしたら、もう駄目!美味すぎる。


           【材料】

・カモ肉(ガラを含み。)
・ゴボウ
・ネギ
・白菜
・白滝
・豆腐
・ダシ昆布
・醤油・めんつゆ
・各種調味料を少々


◆HOME