ブレード材に使われる鋼材

主なナイフ鋼材の特徴を簡単に載せました。現在の主流は、 VG10 VG-1 H-1 ZDP-189 などといったステンレス鋼です。


鋼材名

硬度(HRC)

特  徴 と 商 品 名
ZDP-189
66~68

日立金属株式会社が粉末冶金技術により製造した新しいタイプの刃物鋼。驚異的な高硬度、高耐磨耗性が得られ耐食性も良好なため、切れ味がよく、刃持ちも優れている。

紫電一閃シリーズ北野アルティメットハンタースパイダルコ ストレッチ2ZDP-189等に使用

H-1鋼
56~58

日本金属工業㈱で開発された高強度オーステナイト鋼を,刃物用材に明道金属㈱が調質加工を加え生まれた合金。塩分、海水でも強い耐食性を向上させた。調質加工により、靭性、硬さが得られているために刃持ちがよく、また一般砥石でも研ぐことができる。

スパイダルコのタスマンソルトパシフィックソルトアクアソルト、G・sakaiサビナイフシリーズサビナイフキッチンシリーズ など

ステンレス/SLD
/ステンレスの三層鋼
58~59

日立金属株式会社製造のダイス鋼。中心にダイス鋼(SLD)、外層にステンレス鋼と、三層構造。中心のSLDはSKD11と同等の性質を有し、靭性、対摩耗性、そして刃持ちの良さに優れ、切れ味も抜群。

ハイス鋼
61~63

ハイスピード鋼(高速度工具鋼)の省略。高い硬度と対磨耗性を 持つ高級鋼材だがサビに弱い。カーボンを多量に含み、モリブデン、タングステンなどの含有成分によって適正が変化するため活用範囲が広い。

ATS-34
60~61

日立金属が開発した優秀な特殊ステンレス鋼。刃物の良さ、粘り強さ、サビに対する強さと、ナイフ鋼材に求められる様々な要素をバランスよく備えている。

ニューフォールディングハンターミニシースナイフ、 クッキングATS包丁 

ATS-55
60~61

ATS-34の性能を更に高め耐食性を持ち、海水でもさびにくい。ATS-34と比べ、硬さや耐磨耗性は低めですが、加工がしやすく、粘りが強い。

V金10号(VG10)
 58~59

厳選された純度の高い原料鉄を用い、最高の精鋼技術で作られ、靭り強く加工性、鍛造性に優れしかも有害不純物に起因する腐食性もない また、 耐磨耗性に優れた諸性質は、武生特殊鋼材㈱の一大特徴といえる。

スパイダルコ商品のほとんどに使用。アイダT&Bシリーズジェントルマンナイフ  グラスファイバープレッピー他 

VG-1
59~61

武生特殊鋼材の製品。耐腐食性、切れ味、研ぎやすさをそれぞれ高ラベルで両立させている理想のステンレス刃物鋼です。これにさらにサブゼロ処理を施し、より鋭い切れ味と高い持続性を実現し、包丁によく使っています。

空ペティナイフ 空三徳包丁 空牛刀

440C
58~60

クロムの含有が多いのでさびにくく、研ぎやすい硬度と経済的な価格が魅力の鋼材。元はアメリカで開発された。炭素の含有率に応じてA.B.Cのランクに分けられる。最も含有率の高いものが、440Cと呼ばれている。

アルマーの商品、G・sakaiのバックパッカーソムリエナイフ 等

8A(AUS-8)
6A(AUS-6)
56~58

愛知製鋼で作られたステンレス鋼。440Bに近い組成性質を持っている。研ぎ安く、扱いやすい鋼材として工場生産に広く使用されてる。
6A⇒440A 8A⇒440B に近い成分です。

スパイダルコのエンデューラ トレーナー(6A) G・sakaiのクッキングシリーズ(6A),アウトドアーデバ(6A)等

ダマスカス鋼
 

2種類の金属を重ね合わせて作る鍛造鋼。鍛造の過程で重ね合わされた異種の鋼材が何度も折り返しや、切り返しをされるため、何層にも積層され、美しい独特の縞模様が作りだされる。

空空ダマスカス包丁シリーズ 空ダマスカス包丁シリーズ キャンパー炎ダマスカス デリカ4 ダマスカス エンデューラ4 ダマスカス 他

銀紙1号
59~61

銀紙1号 日立金属が刃物ように開発した鋼材。伝統のヤスキ鋼で研ぎやすい硬度と価格が魅力。錆びにくく切れ味も安定している。
ワーカーエベレスト波刃

スーパーゴールド2
62~63

武生特殊鋼製「粉末ステンレスハイス」。粉末?冶金により多量の高合金成分を含有させ、高硬度、高靱性、高耐摩耗性、高耐食性に富んだ超高級刃物用綱。研削研磨の加工に富み火造り鍛造性にも優れており、仕上がりの美しさも飛び抜けている。

 

参考文献:日本と世界のナイフカタログ ナイフに関係した一般的なことは雑誌、インターネットで知ることができます。当社としましても HPへお越しいただいた方にナイフ選びの参考にしていただけましたら幸いです。

株式会社ジー・サカイ
〒501-3205 岐阜県関市志津野2081番地
tel.0575-29-0311 fax.0575-29-0352

© G-Sakai all right reserved.