ナイフ博物館&ショールーム

カナダ風・ログハウスのナイフ博物館 KNIFE MUSEUM 世界のナイフが一堂に

刃物の街、岐阜県関市の恵まれた自然の中に、米松の原木を丸太のままで組み上げた、カナダ風のログハウス博物館ができました。この中には、世界数十ヶ国より優秀なナイフ、珍しいナイフ、数少ない貴重なナイフ等が多く集められました。ナイフの紀元は遠く石器時代に始まり、狩猟するという人間の本能には、なくてはならない道具でした。現代、家庭で使われる包丁やハサミ等は、この石器時代のナイフが進化したものといえます。ナイフマニアに限らず、この博物館をご覧いただければ幸いです。1本のナイフから新しいロマンが発見できるかもしれません。

 

世界最大のロックナイフ“ガリバースペシャルナイフ”がナイフ博物館の隣にずっしりと構えて皆様のお越しをお待ちしております全長:5.1m、ブレード長:2.2m、総重量:600kg(ギネスブックにも掲載)


世界のナイフが一堂に


展示品の紹介

シェフィールド イングランドイバーソン社作成 1887年製

西ドイツ屈指のマイスターが、自らの腕と誇りを 世に問うため作り上げた、世界に500本しか 存在しない芸術品です

株式会社ジー・サカイ
〒501-3205 岐阜県関市志津野2081番地
tel.0575-29-0311 fax.0575-29-0352

© G-Sakai all right reserved.