スタッフ紹介


刃付け担当の石原さんです

Placeholder image

 

ナイフの切れ味はなんと言っても刃付けで決まります。
一見簡単な様に聞こえますが、これがとても熟練を要する工程なのです。
刃角度はブレードの厚みで異なってきますし、工場では回転式グラインダーにブレードを押し当て刃を付けていきます。
ブレードの元 から刃先に向けて一定の刃角度を保って刃付けをしていくのは至難の技です。
手先の力の入れ具合、手首の返しの加減でナイフの切れ味は大きく影響されます。

この微妙な力と刃角度の調節は職人の長年の経験に基づくものなのです。
この熟練の職人が一本一本丹念に刃付けをしたナイフをあなたの お手元にお届けします。


研磨担当の丹羽さんです。

Placeholder image

 

最終仕上げをする工程です。
デザイナーの要求するラインを忠実に研磨していかなければなりません。
削りすぎても、また削り足りなくてもデザイナーの意図するナイフにはなりません。

ハンドルからブレード先端にかけて流れるようなナイフのライン、手にしっくりとくる微妙なハンドルの膨らみ。
さらには、ハンドル材の個々の特性等々、これら全てを計算に入れて作業していかなければならないのです。
この熟練の職人の手にかかり、やがてナイフは生き生きとした輝きを持ってくるのです。


インターネット通販担当の積岡です。

お客様のご要望にかなった商品を提供するため、スタッフ一同日々サービスの向上に努力しておりますのでよろしくお願い致します。

株式会社ジー・サカイ
〒501-3205 岐阜県関市志津野2081番地
tel.0575-29-0311 fax.0575-29-0352

© G-Sakai all right reserved.